「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ

「柔らかな舞台」ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ

通常価格
$19.00
販売価格
$19.00
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

著者:ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ

出版社:torch press
言語:日本語/英語
サイズ:20.0 x 12.5 cm

--------------------------------------

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ(1962年ロッテルダム生まれ、ベルリン在住)は、2017年ヴェネチア・ビエンナーレのオランダ館代表を務めるなど、オランダの現代美術を代表するアーティストの一人として、20年以上に渡り映像作品や映像インスタレーションを発表してきました。

国内初の個展「柔らかな舞台」では、彼女の代表的な映像作品から新作まで6点を展示。本展を機に国内で制作した新作は、主に1920年代から1940年代にかけて活躍した女性の文筆家たちが、女性の社会的地位や性愛、戦争といった問題に切り込んだテキストを取りあげ、それらが今日の社会のどのような側面を映し出すかを探っています。 

展覧会図録では、映像のスチルカットのほか、インスタレーションビューを織り交ぜながら、多角的にファン・オルデンボルフの作品について読み深めることができるテキストを多数収録。映像スチルとテキストが交互に現れる若林亜希子のデザインによって、示唆に富んだ彼女の作品世界を掘り下げます。

主な内容
◦映像作品のスチル
◦各作品の解説
◦作家インタビュー
◦インスタレーションビュー
◦論考 Pablo de Ocampo(Walker Art Centerキュレーター)
◦論考 Choi Binna(CASCO ディレクター)
◦論考 菅野優香(クィア批評、同志社大学大学院教員)
論考 崔敬華(東京都現代美術館学芸員)

 

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ
1962年ロッテルダム(オランダ)生まれ、ベルリン在住。シナリオや設定を作り上げる映像制作を、諸形態の作品を生み出すための方法であり言語として探究してきた。近年、ウッチ美術館(ポーランド、2021年)、ドス・デ・マヨ・アートセンター(マドリッド、2019-2021年)、第57回ヴェネチア・ビエンナーレオランダ館(ヴェネチア、2017年)などでの個展を開催したほか、ソンズビーク20->24(アーネム、2021年)、シカゴ建築ビエンナーレ(シカゴ、2019年)、世界文化の家(ベルリン、2019年)、シンガポール・ビエンナーレ(シンガポール、2019年)、あいちトリエンナーレ(愛知、2016年)、キーウ・ビエンナーレ(ウクライナ、2015年)など数々の国際展に参加。