"Jodo Journal 5"

"Jodo Journal 5"

通常価格
¥1,650
販売価格
¥1,650
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

Title: Jodo Journal 5
Publisher: 浄土複合
言語: 日本語
サイズ: 14.8 x 21 cm


アートとライティングが交差する芸術誌『Jodo Journal』第5号。

巻頭鼎談「かたちを見る、書く、つくる」(千葉雅也+山内朋樹+池田剛介)、レクチャーシリーズ「書くことのプラクティス」(細馬宏通 百瀬文 佐々木敦)、対談「淡々と作り、書くことのラディカリズム」(星野太+池田剛介)を通じて、書くことや作ることの多様な実践をめぐって考える。

特集「造形思考の現在」では、マティスやキュビスム、現代作家の作品制作から、料理することや空間をリフォームすることまで含め、「作ること」の現在を多角的に検討する。また近年多く見られるようになったリサーチに基づく作品をめぐるクレア・ビショップによる論稿「情報オーバーロード」を特別掲載。

目次

[巻頭鼎談]

千葉雅也+山内朋樹+池田剛介「かたちを見る、書く、つくる」

[レクチャーシリーズ]

細馬宏通「未来を知らない人の生を、いかに書くか」

百瀬文「エッセイ、あるいは裂け目の放置」

佐々木敦「批評から「ことば」へ」

[対談]

星野太+池田剛介「淡々と作り、書くことのラディカリズム」

[特別掲載]リサーチ・ベースド・アートとは何か?

クレア・ビショップ「情報オーバーロード」 訳:青木識至+原田遠

[特集] 造形思考の現在

マティスの切り紙絵、その特異な時空間|大久保恭子|聞き手・文=松村大地

手は思考/試行する|THE COPY TRAVELERS 谷澤紗和子|聞き手・文=平野成悟、松村大地

モノたちが反乱する舞台|ウィチャヤ・アータマート/For What Theatre「ジャグル&ハイド」|文・構成=中西一史

もっとよくみるために——上演から観客を再考する|山川陸 レトロニム|聞き手・文=由波遥

村を形づくること——バイソンの現在地点|バイソンギャラリー|聞き手・文・写真=沖野颯冴

食べること/なおすことの再考——保存修復のエコロジー|田口かおり|聞き手・文=大磯日向子

キュビスムのタッチ その理論と実践|松井裕美

他…