「評伝 ゲルハルト・リヒター」ディートマー・エルガー

「評伝 ゲルハルト・リヒター」ディートマー・エルガー

通常価格
$35.00
販売価格
$35.00
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

ディートマー・エルガー著 清水穰訳
出版社:美術出版社

出版社サイトよりーーーーーーーーーーーー
世界的にもっとも重要かつ影響力のある現代アーティストのひとり、
ゲルハルト・リヒター。
ドイツで2002年に刊行された評伝『Gerhard Richter. Maler---Biografie und Werk(画家ゲルハルト・リヒター、伝記と作品)』をベースに、近年の活動を新たに書き下ろした新版。

作品図版やプライベートフォトなどおよそ150点を掲載。リヒターの言葉と初期から2017年の作品を通じて、絵画への想い、その思考の源を辿るリヒター公認の決定的評伝。

【作家プロフィール】
ゲルハルト・リヒター Gerhard Richter
1932年ドイツ、ドレスデン生まれ、ケルン在住。「ドイツ最高峰の画家」とも呼ばれる世界的アーティスト。写真をキャンバスに描き出すというスタイルを生み出し、その後もグレイ・ペインティング、カラーチャート、風景画、アブストラクト・ペインティングと、具象と抽象の間に多様なスタイルで作品を発表、いまなお進化を続けている。 主な個展に、2012年「Gerhard Richter: Panorama」(ポンピドゥー・センター)、「Gerhard Richter: Drawings and Watercolours 1957-2008″」(ルーブル美術館)など多数。国内では、17-18年「Painting 1992-2017」(WAKO WORKS OF ART)、05年「Gerhard Richter」( 金沢21世紀美術館、DIC川村記念美術館)など。
【著者プロフィール】
ディートマー・エルガー Dietmar Elger
1958年ドイツ、ハノーバー生まれ。ドレスデン美術館「ゲルハルト・リヒター・アーカイブ」ディレクター。1984年から2年間リヒターのアトリエで秘書を勤める。主な著書 に 『Gerhard Richter. Maler Biogra?e und Werk(DuMont, 2002)』、 『Gerhard Richter. Landschaften(Hatje Cantz Verlag, Ost?ldern-Ruit, 2002)』など。近・現代美術に関する執筆多数。
【訳者プロフィール】
清水穰 Shimizu Minoru
1963年、東京生まれ。美術評論家、写真批評家、同志社大学教授。主な著書に『ゲルハルト・リヒター /オイル・オン・フォト、一つの基本モデル』(ワコウ・ワークス・オブ・アート、2001年)、『プルラモン─単数にして複数の存在』(現代思潮新社、2011年)。訳書に『ゲルハルト・リヒター写真論/絵画論』(淡交社、1996年/増補版2005年)など。