「夢見る部屋」デイヴィッド・リンチ/クリスティン・マッケナ

「夢見る部屋」デイヴィッド・リンチ/クリスティン・マッケナ

通常価格
$34.00
販売価格
$34.00
通常価格
売り切れ
単価
あたり 
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

デイヴィッド・リンチ/クリスティン・マッケナ著 山形 浩生訳

出版社: フィルムアート

 

出版社サイトよりーーーーーーーーーーーー

世界中で大反響!

名匠・デイヴィッド・リンチの自伝、待望の翻訳!


異能の映画監督デイヴィッド・リンチの創造的な人生を、リンチ自身の言葉と、身近な同僚、友人、家族の言葉の両面からひもといていく、

いまだかつてないユニークな自伝!


本書は、比類なきビジョンを追求し続けてきたデイヴィッド・リンチの、映画、アート、音楽その他さまざまな「創作人生」と、彼が直面してきた苦悩や葛藤も明かされる、リンチにとって初めての伝記と回想録を融合させる試みである。

共著者のクリスティン・マッケナによる評伝のセクションは、元妻、家族、友人、俳優、代理人、そして映画制作の多様な分野で協働する同僚たち、総勢100人以上の登場人物からなる驚くほど率直なインタビューによって、パーソナルな「人間・リンチ」を浮き彫りにする。リンチ自身の回想のセクションは、叙情的で親密、そして何事もタブーにすることなくすべてを赤裸々に語る──過激なユーモアももちろん忘れない──パーソナルな考察であり、リンチの美的感覚や人生哲学にあふれている。


最も謎に包まれた、最も独創的な一人の表現者の、
人生と心の中にアクセスする、すべてのリンチ信者必読の歴史的な一冊。

リンチ自身が全自作を語る決定版!
鮮烈なデビュー作『イレイザーヘッド』(1977)から、出世作『ブルーベルベット』(1986)、社会現象になったテレビシリーズ『ツインピークス』(1990-1991)、『ロスト・ハイウェイ』(1997)、そして最新作『ツイン・ピークス The Return(邦題:リミテッド・イベント・シリーズ)(2017)等々リンチの全映画作品、さらにはデビュー前の初期作品や、知る人ぞ知る短編作品、コマーシャル、企画が頓挫し実現しなかった作品まで、すべてを語り尽くす!


著者略歴:

デイヴィッド・リンチ(David Lynch)

1977年に初監督作『イレイザーヘッド』を発表し、国際映画界の第一線に躍り出る。その後、『エレファント・マン』と『ブルー・ベルベット』で二度のアカデミー賞最優秀監督賞ノミネート、『ワイルド・アット・ハート』では第43回カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞、1990年には革新的テレビシリーズ『ツイン・ピークス』で全米を席巻し、驚異的な幅広さとウィットに富むアーティストとしての地位を確立。著書に、超越瞑想についての本『大きな魚をつかまえよう──リンチ流アート・ライフ∞瞑想レッスン』がある。


クリスティン・マッケナ(Kristine McKenna)

1976年から1998年まで『ロサンゼルス・タイムズ』に寄稿し、その他『アートフォーラム』『ニューヨーク・タイムズ』『ARTnews』『ヴァニティフェア』『ワシントン・ポスト』『ローリング・ストーン』など、多くの媒体で広く執筆活動をする評論家、ジャーナリスト。1979年以来、デイヴィッド・リンチの親友でありインタビュアーでもある。著書に『The Ferus Gallery: A Place to Begin(未邦訳)』と2つのインタビュー集がある。