「BEUYS LAUGHING – BEUYS LACHT」Joseph Beuys |ヨーゼフ・ボイス
「BEUYS LAUGHING – BEUYS LACHT」Joseph Beuys |ヨーゼフ・ボイス
  • Load image into Gallery viewer, 「BEUYS LAUGHING – BEUYS LACHT」Joseph Beuys |ヨーゼフ・ボイス
  • Load image into Gallery viewer, 「BEUYS LAUGHING – BEUYS LACHT」Joseph Beuys |ヨーゼフ・ボイス

「BEUYS LAUGHING – BEUYS LACHT」Joseph Beuys |ヨーゼフ・ボイス

Regular price
¥3,800
Sale price
¥3,800
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Tax included. Shipping calculated at checkout.

著者: Joseph Beuys
出版社: Verlag Steidl / Edition Staeck
サイズ:10", 33 ⅓ RPM, EP, Limited Edition

1974年初頭、ヨーゼフ・ボイス、クラウス・シュテーク、ゲルハルト・シュタイデルの3人は、ボイスのアメリカツアーを終えて帰国するため、ニューヨークからデュッセルドルフ行きのボーイング747便に搭乗した。この旅は大成功を収め、その様子はシュタエックとシュタイデルによって、ビデオ、写真、音声で注意深く記録されました。フライトの退屈しのぎに3人が録音を聴いたところ、ボイスが驚くほど笑っていることに気がつき、この笑いをシュールな1曲に編集してみたらどうだろう?
シュタイデルは、オリジナルのテープを若いサウンドエンジニアのジークフリート・シェーファーに渡し、彼は低音や背景のノイズを減らす作業に取り掛かり、20分の最終バージョンをつくりあげた。シュタイドルはこのマスターを喜んだボイスに聞かせ、ボイスは1969年の録音「Ja, Ja, Ja, Ja, Nee, Nee, Nee (Yes, Yes, Yes, Yes, No, No, No)」と同じようにオーディオテープ版としてリリースすることを決定したのである。しかし、『ボイス ラフィング』のマスターテープは、その後46年間残念ながら失われ、2020年に再発見され、今回シェーファーとパウラー・アコースティクスによってリマスタリング、デジタル化され、限定盤EPとしてついに一般公開されることになった。