「醜くも美しい人の一生、私は人間が好きだ。」石川 真生

「醜くも美しい人の一生、私は人間が好きだ。」石川 真生

Regular price
$27.00
Sale price
$27.00
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Tax included. Shipping calculated at checkout.

石川 真生 著
出版社:T&M Projects
サイズ: 21.0x29.8cm 並製本

出版社サイトよりーーーーーーーーーーーー
海外でも広く紹介され、いまなお精力的な制作活動を続ける、沖縄在住の写真家・石川真生。石川は写真家としてのキャリアをはじめたその当初から、立場に囚われ矛盾や葛藤を抱えながらも、個人としてどう生きるべきかを問いかける、人々の"生"そのものの力強さを写し出してきた。

本書は、石川の初期作「アカバナー」から最新作「大琉球写真絵巻」までの全15シリーズの作品群を収載するとともに、各専門家による論考、石川の年表や文献目録といった資料も充実した、408ページにもおよぶ1冊。2021年3月より沖縄県立博物館・美術館で開催される、石川にとって初となる美術館での個展にあわせたカタログとなる。日本の歴史に名を刻む石川真生の軌跡が詰まった、見逃せない1冊。
著者略歴:
1953年、米軍治下の沖縄に生まれ、基地近くの外国人バーで働く女性たちや米兵の姿、沖縄の俳優といった被写体を撮影し続け、約48年間にわたって沖縄住む人々に寄り添い、沖縄の素顔に向き合ってきた。 最新作は琉球・沖縄がたどった歴史や今を、沖縄県の各所で撮影し続けている「大琉球写真絵巻」。2019年、日本写真協会賞受賞。

関連展覧会
石川真生展:醜くも美しい人の一生、私は人間が好きだ。 
会期:2021年3月5日– 6月6日 
会場:沖縄県立博物館・美術館 
https://okimu.jp/exhibition/ishikawamao/