「光の子ども 2」小林 エリカ

「光の子ども 2」小林 エリカ

Regular price
$12.00
Sale price
$12.00
Regular price
Sold out
Unit price
per 
Tax included. Shipping calculated at checkout.

小林 エリカ著

出版社: リトルモア

 

出版社サイトよりーーーーーーーーーーーー

小林エリカ渾身の新作コミック、テーマは“放射能”―― それはいつ、どこから、どうやって、ここに来たのか?いまから115年前、科学者マリ・キュリーによって名づけられた“放射能”。マリが「わが子」と呼んだ、幻想的な青白い光を放つ新元素ラジウムは、本当に人類の希望だったのか?マンハッタン・プロジェクト、広島・長崎、スリーマイル、チェルノブイリ、そして…。2011年の日本に生まれた主人公“光”と、猫の“エルヴィン”を通じて、“放射能”の歴史がひもとかれていく。史実とフィクションを交えた物語。センシティブかつ強烈な意欲作。

著者略歴:

1978年生まれ。作家・マンガ家。著書、小説『マダム・キュリーと朝食を』(集英社)にて芥川賞・三島賞候補に。アンネ・フランクと実父の日記をめぐる『親愛なるキティーたちへ』(小社)、短編集『彼女は鏡の中を覗き込む』(集英社)、作品集『忘れられないの』(青土社)他。展示に、個展『野鳥の森 1F』(Yutaka Kikutake Gallery、東京)、グループ展『The Radiants』(Bortolami Gallery、ニューヨーク)他。〈kvina〉としてポストカードブック『Mi amas TOHOKU 東北が好き』(小社)など。